一般的に「縦長の布を竿に通して、立てて標識とするもの」と定義されている「のぼり」。

この歴史はとても古いものだと知っていますか?実はのぼりは、戦国時代ではごく一般的だったのです応仁の乱以前にはすでに存在していたと言われています。

当時、のぼりは武家を象徴する旗として使用されていました。

大河ドラマでもよく見かけますね。

陣地にズラッとならんでいる布ののぼり。

こののぼりは、自分たちのシンボルでした。

武士たちは各々がのぼりを背にして戦うことで、敵と味方の区別をつけていました。

しかし、実はもっともっと昔からのぼりは存在していた、と言われているんです。

あの「魏志倭人伝」に、のぼりの記録があった!とも言われています。

魏志倭人伝の中ではのぼりのことを、「卑弥呼のために送られた戦いのための旗」として紹介されているのです。

また、「日本書紀」の中では、当たり前の出来事として、「出家の儀式」に備えて、のぼり旗が作られるというくだりがあります。

この時点ですでに広く知られた存在であったことがうかがえます。

とても古いものだったのですね。

戦国時代、武将は『馬印(個人用)』雑兵や足軽は『旗印』という部隊識別用のぼりを背中に指していたのです。