戦国武将や歌舞伎・相撲や神社仏閣で使われてきたのぼり。

今は主に、お店の販売促進用で用いられることが多いです。

最近では定番ものの「大売出し」などではなく、さまざまなデザインのものやバラエティ豊かになって来たのぼりです。

デジタル社会でものぼりの効果は色あせません。

今ののぼりは、必要とする人がオーダーメイドで製作することが増えています。

それにともない、のぼりを製作する会社も、インターネットでデザインを募るものが増えてきました。

もちろんその種類も用途もさまざまです。

どんなのぼりがオーダーできるのでしょうか。

最近では、個人用につくるかたもふえているというのぼり。

1枚からオーダーメイドできるのが嬉しいですね。

制作費自体も安いところでは1枚あたり525円程度から制作もできます。

「大売出し」などの定番ものも、オリジナルのものも。

定番ともいえるお店や、屋台の食べ物ようののぼりから、最近は住宅メーカーさんや床屋さん、薬屋さんまでも宣伝用にのぼりを使用するようになっています。

はたまた、スタッフ募集・塾やスクール生徒募集、パチンコ屋さん用、不動産用、最近では悲しいかな、東日本大震災復興用ののぼりもふえているそうです。