一般的に「縦長の布を竿に通して、立てて標識とするもの」と定義されている「のぼり」。

この歴史はとても古いものだと知っていますか?実はのぼりは、戦国時代ではごく一般的だったのです応仁の乱以前にはすでに存在していたと言われています。

Continue reading